【株取引報告(外国株)】4銘柄を追加購入!ドルコスコ効果!?(2020.4.8〜19)

【株取引報告(外国株)】4銘柄を追加購入!ドルコスコ効果!?(2020.4.8〜19)

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
今までは「取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。」と書いていましたが、振り返るとそれなりに取引していましたので、取引単位で書くこととしました。

【取引内容】

今回は先日見直しをした2020年のNISA投資計画に基づき以下の銘柄を購入しました。
米国株の上昇が勢い付いていますが、慌てず計画どおり(見直ししましたが)NISA枠の消化です。
個別株でロッキード・マーティンを買い増そうと思っていたら直近安値から140ドル程の上昇で、こちらの方は買えずに慌ててますが・・・。

<購入銘柄>
・PFF 4株
・AT&T 4株
・DEO 1株
・UL 2株
・SPYD 5株

合計で615.78ドルと約66,000円の投資金額となりました。
米国株は1株から購入することができるので、ドルコスト投資には使いやすいですね。
ただ手数料負けとなっては意味がないので、手数料が軽減できるNISA口座を活用するのが最良となります。
ちょっとしたニューストピックスに大きく反応する市場となっていますので、こういう時期こそ、時間を味方にしたドルコスト購入が良い結果を見出してくれるものと考えています。

・ダウとの比較

NISA枠で購入している銘柄とダウ平均を比較した過去3ヶ月のチャート図です。

NISA購入銘柄とダウ平均の相対比較 2020.1.18-2020.4.18(出典:Yahoo! Finance.com)

こうして見ると、PFFとULがダウ平均よりも高く推移していることが分かります。
一方、SPYDが大きく落ち込んでいます。

SPDRは、S&P500構成銘柄の中で高配当銘柄である上位80銘柄を均等加重する形で構成されているETFですが、不動産の比重が大きい銘柄です。

ただ、IYRよりも低迷していますので、金融やエネルギー、一般消費財・サービスセクターの株が相当売り込まれ、回復できていないことが原因ではないかと考えています。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

【今後の投資方針】

今回の追加購入で保有株式数は以下の通り、年間配当金総額は約2189ドル(前月比+21ドル)となりました。
今年は投資計画に基づき、年末まで計画通り追加購入する予定です。

【保有銘柄】
・NISA口座
PFF (208)、AT&T(118)、GSK(50)
WBK(50)、UL(114)、PPL(50)
DEO(32)、VYM(50)、BND(20)
SPYD(85

・特定口座
IYR(15)、PFF(70)、AT&T(20)
LMT(40)

※2020年4月17日時点、括弧内の数字は保有株数
※赤字は今回の追加購入で増加した銘柄

外国株カテゴリの最新記事