【株取引報告(外国株)】2019年9月第2週

【株取引報告(外国株)】2019年9月第2週

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。
米国株は5年程前からNISA口座で細々とやっていましたが、2019年からはNISA枠を考えずにポートフォリオに入れたい銘柄は入れていこうと考えています。十数年分の配当金が十分に積み上がって来ているので、活用です!

因みに、米国株は以下の銘柄を保有しています。
【保有銘柄】
・NISA口座
PFF、AT&T、GSK、WBK、UL、PPL、DEO、VYM、BND、SPYD

・特定口座
IYR、LMT

【取引内容】

今回購入した銘柄は、NISA口座で保有しているAT&Tの買い増しとなります。

AT&Tは以前の投稿でも解説していますが、アメリカの通信会社大手で最近はM&AでディレクTVやタイムワーナーと巨額買収をして買収による巨額負債が理由となり、最近は株価が示す様に好調なベライゾンの後塵を拝していますが・・。

9月10日にヘッジファンドのエリオット・マネジメントが32億ドル相当のAT&T株を取得した報道がありました。今後の行く末は気になるところです。個人的にはディレクTVとタイムワーナー買収効果が軌道に乗ってない感じを脱却できれば良いなと思っています。

AT&Tとベライゾンの過去5年間の株価推移
出典:Yahoo! Finance.comより

 

今回、38.50ドルで25株の追加購入となりました。

この追加購入で130株(取得単価34.98ドル)となりました。
年初に計画していたAT&Tの今年の買い増しはこれで終了です。

・取引詳細

【今後の投資方針】

NISA口座を開設して初めに買った株でもあるAT&T
今年の予定数数は85株から100株でしたが、株価の底入れを確認してからは少し上乗せしたの追加購入としました。株数が130株と配当金でも十分買える水準なので、配当金の再投資効果を狙って引き続き買い増しを続けていく方針です。

外国株カテゴリの最新記事