【株取引報告(外国株)】2019年6月第4週

【株取引報告(外国株)】2019年6月第4週

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。

【取引内容】

米国株はNISA枠で細々とやっていましたが、2019年からはNISA枠を考えずにポートフォリオに入れたい銘柄は入れていこうと考えています。十数年分の配当金が十分に積み上がって来ているので、活用です。

因みに、米国株は以下の銘柄を保有しています。
【保有銘柄】
・NISA口座
PFF、AT&T、GSK、WBK、UL、PPL、DEO、VYM、BND、SPYD

・特定口座
IYR、LMT

今回購入した銘柄は、ブラックロック社の優先株で組成されたETFであるPFFです。
米国株をやっている方なら聞いた事のあるETFだと思います。
高配当であることも相まって、米国株ブログでよく取り上げられています。
そう言う私も米国株ブログを見て買い始めました。

・取引詳細

買い増しを続けているPFFですが、以前の振り返りでも触れていますが、金融株が占める割合が高く、リーマンショック時は19ドル台まで下落していますので、株価下落による損失を考慮しておく必要があります。
あと、経費率が0.46%と若干高めであることや、最近の価格が30ドル台で一定していることからS&P500等のインデックス投資と比べると資産運用には不向きとの意見もありますが、債券的なものとして保有する分には良いのではないかと思っています。

金融株が多いので金融危機には弱い性格のETFですが、2019年2月1日より運用方針が変更され、名称も「iShares米国優先株式ETF」から「iシェアーズ 優先株式&インカム証券 ETF」へ変わりました。
今までS&P米国優先株インデックスを対象としていましたが、ICE 上場優先株式&ハイブリット証券トランジションインデックスへとなったとのことですので、しばらくは組込銘柄等をウォッチしていきたいところです。

【今後の投資方針】

NISA口座を開設した2015年から買い増しを続けていて、今回の購入で222株となりました。
2019年は250株まで資金投入して買い増す計画を立ています。250株に到達した後は、配当金の再投資で買い進めていく投資方針としています。

ブラックロック社(PFF)HP

外国株カテゴリの最新記事