【株取引報告(外国株)】2019年5月第2週

【株取引報告(外国株)】2019年5月第2週

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。

【取引内容】

米国株はNISA枠で細々とやっていましたが、2019年からはNISA枠を考えずにポートフォリオに入れたい銘柄は入れて行く方針としています。十数年分の配当金が積み上がって来ているので活用です。

現在、米国株は以下の銘柄を保有しています。
【保有銘柄】
<NISA口座>
PFF、AT&T、GSK、WBK、UL、
PPL、DEO、VYM、BND、SPYD
<特定口座>
IYR、LMT

昨年末に今年のNISA口座の売買計画を策定していて、今回はその計画に沿った取引となります。
米国の対中制裁関税の影響で、ダウの大幅な下落と円高にシフトしたタイミングで買うには良いタイミングでした。
今回、追加購入した銘柄はAT&TとSPYDの2銘柄で、それぞれ20株づつ買い増ししました。

・取引詳細(3月15日)

今回の買い増しで、AT&Tは105株、SPYDは40株となりました。
AT&Tは2015年から毎年コツコツを買い増しし続け、株数は増えていますが株価は下がってます。
ディフェンシブ銘柄で高配当株なので、好景気時にはパッとしませんので仕方がないところですね。

AT&T株価推移:期間2014.5〜2019.5(出典:Yahoo finance.com)

SPYDは、S&P500構成銘柄のうち高配当の80銘柄を均等配分して組成されたETFとなります。
出来て間もないETFですので未知数ではありますが、SPYに追随しつつ高配当を享受できればと考えています。

SPYD:全期間(出典:Yahoo finance.com)

【今後の投資方針】

米国株は長期投資をメインとしていますので、バイ&ホールドし続ける予定です。
今回の取引でAT&T株の年間配当金は200ドル程となりましたが、一先ず1000ドルを目標に買い増しを継続したいと考えています。
SPYDは、未知数なETFなので様子を見ることとしていて、売買計画では年末までにとりあえず80株まで持っていく予定です。

SPYD(StateStreetのサイト)
AT&T
過去のAT&Tの投稿

外国株カテゴリの最新記事