【株取引報告(国内株)】携帯会社グランドスラム!沖縄セルラーを新規購入(2020.9.4)

【株取引報告(国内株)】携帯会社グランドスラム!沖縄セルラーを新規購入(2020.9.4)

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。

【取引内容】

今回は5月に購入したばかりのNTTを売却し、沖縄セルラーを新規購入しました。
購入価格4,050円で100株の購入です。

次期首相に菅官房長官との報道により、2018年と同様に携帯料金値下げへの政治圧力が懸念され、携帯電話会社の株は軒並み下落しています。

この地合いの中、ドコモよりも値下がり率が高いNTTを一旦手仕舞うこととしました。
代わりにという訳でもないですが、以前から狙っていた沖縄セルラーを購入しました。
今回の騒動で沖縄セルラーは3,900円前半まで割ってくると思っていましたが、歩み値を見てると、意外に買いが入っていることから4,000円前後は維持できるのではと考えて、購入に踏み切りました。
今月末の配当落で77円下落するので、4,050円〜4,080円で権利付き最終日を迎えられればと言った感じです。

<携帯電話会社株の保有状況>
今回の購入で、KDDI、ソフトバンク、ドコモ、沖縄セルラー、楽天と携帯電話会社が全て揃うこととなりました。グランドスラム達成といった感じですね。
楽天は半値となって塩漬け状態なだけで、偶々ですが・・・。

※2020.9.4時点の保有状況

 

沖縄セルラー

沖縄セルラーは携帯電話事業を行なっている会社で、KDDIの子会社です。
会社の沿革にあるとおり、KDDI(旧第二電電)とは設立時から関係のある会社なので、ブランド名もauを使っています。

1990年 (平成2年) 10月に本土と沖縄の経済人が沖縄振興のために協力していくことを目的とした「沖縄懇話会」が発足し、その中で、携帯電話会社を設立する方針が明らかにされました。このような背景のもとで、当社は沖縄地域において携帯・自動車電話サービスを行う会社として、KDDI株式会社 (旧第二電電株式会社) をはじめ有力企業の出資により、1991年 (平成3年) 6月1日に設立されました。
※引用:沖縄セルラーホームページ「沿革」より

サービスもほぼ同じ内容で、株主にとしては株主優待もKDDIと同じ内容のものとなっています。
株主優待の優待利回りで見ると、KDDIを1,000株保有するより、KDDIと沖縄セルラーを100株ずつ保有する方がお得です。

KDDI優待情報
沖縄セルラー優待情報

【今後の投資方針】

携帯電話会社株は、バリュー株に分類される銘柄となるのでキャピタルゲインではなく、インカムゲイン狙いが基本となります(楽天は配当も低く、違いますが・・・)。
配当は以下のとおりで、株価の高さもあり3キャリアと比べると低めとなっています。
沖縄セルラーについては、中長期保有を続ける予定です。

・NTTドコモ 4.36%(125円)
・KDDI 4.03%(120円)
・ソフトバンク 6.29%(86円)
・沖縄セルラー電話 3.79%(154円)
※2020年9月5日時点

ホームページ:沖縄セルラー

国内株カテゴリの最新記事