【株取引報告(国内株)】SOSiLA物流リートを売却(2020.6.12)

【株取引報告(国内株)】SOSiLA物流リートを売却(2020.6.12)

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。

【取引内容】

今回は、昨年末に購入した「SOSiLA物流リート投資法人」を売却しました。

6月11日のダウが−1800ドルと大幅に下落したことから、日経平均も大幅下落になると読んで、保有している銘柄のうち利回りが低めで、利益がある同銘柄を一旦手放すことにしました。

SOSiLA物流リート投資法人は、118,000円で購入していたので、110,000円ぐらいで再購入できればと目論んでいましたが・・・。

目論見は外れ、前日終値+800円の123,000円で引けてしまいました。
1期目の分配金が貰えるのと、売却益も出たので悪くはないのですが。

SOSiLA物流リート投資法人について

SOSiLA物流リート投資法人は、住友商事がスポンサーとなっている物流REITとなります。
2019年12月10日に上場したばかりの物流系リートです。

物流施設以外に20%以下の割合で産業用不動産にも投資する方針となっており、データセンタや研究施設を将来的にポートフォリオに組み込みこまれる可能性があります。

産業用不動産を扱うリートとしては、産業ファンド投資法人が思い出されますが、20%だけ産業ファンド投資法人っぽくなるかもしれません。
産業用不動産としては、大阪の北港油槽所と南港の乗下船ヤードの2つを保有しています。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


参考:SOSiLA物流リート投資法人(ホームページより)

【今後の投資方針】

今回の売却は目論見が外れましたが、物流系リートは手堅いと考えているので再購入を予定しています。
配当利回りは3.84%(2020年6月12日時点)と物流系リートの中では高めですので、最低でもこの利回り水準での再購入ができればと考えています。

20%以下の割合で産業用不動産をポートフォリオに組み込む方針であることから、産業ファンド投資法人を利確してこちらをの買い増しするのもありではないかと考えています。
産業ファンド投資法人の配当利回り(3.51%)よりも高いので。

ホームページ:SOSiLA物流リート投資法人

国内株カテゴリの最新記事