【株取引報告(国内株)】3年振りの追加購入!上場豪州リート(2020.3.25)

【株取引報告(国内株)】3年振りの追加購入!上場豪州リート(2020.3.25)

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
今までは「取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。」と書いていましたが、振り返るとそれなりに取引していましたので、取引単位で書くこととしました。

【取引内容】

3月25日は上場インデックスファンド豪州リートを追加購入しました。
海外リートなので、タイトルの国内株と違いますが、国内株口座で売買している海外インデックス系は、国内銘柄として扱っています。

2016年11月頃に2回に分けて340口購入してから、完全にほったらかし状態でしたが、リート市場の暴落によって含み損を抱える状態となったことから追加購入することとしました。
下図のチャートは過去10年程の推移ですが、先週の暴落が驚異的な下げであったことが分かります。
これだけ暴落すると、回復にはチャートと同じく10年かかるかもしれません。

上場インデックスファンド豪州リート(2011.3〜2020.3)出典:Yahoo!Finace.com

今回、160口購入しましたので、合計で500口となりました。
2020年3月26日時点で概ね配当利回りは5.8%となっていますので、長期投資&リート市場が回復すると考えているなら購入には価格帯としては値ごろ感があるのではないかと思います。

私のポジションは下図の通りで、今回の追加購入で取得単価が1,297円になりました。
実質利回りは4.2%程となります。

【今後の投資方針】

3年振りの追加購入となった上場インデックスファンド豪州リートですが、先週のリート市場の暴落を受けて急遽追加購入に踏み切りました。
豪州を始め、世界的に景気後退局面へ進むので急いで買い進める必要はないと思いますが、850円を下回ってきた際には3月23日につけた年初来安値の789円を意識しつつ、追加購入を考えています。

ホームページ:上場インデックスファンド豪州リート(日興アセットマネジメントのHP)

国内株カテゴリの最新記事