【株取引報告(国内株)】ネットワンシステムズを売却(4倍株!20万!)

【株取引報告(国内株)】ネットワンシステムズを売却(4倍株!20万!)

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
今までは「取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。」と書いていましたが、振り返るとそれなりに取引していましたので、取引単位で書くこととしました。

【取引内容】

今回は、ネットワンシステムズを売却しました。
売却益は201,825円となりました。

12月13日のプレスリリースにもありましたが、東京国税局による税務調査の過程で納品の事実が確認できない取引が一部あるとの指摘を受けて株価は急落しました。同社は、2015年にも架空取引事件を起こしており中身が異なるとは言え2度目となることと、含み益が配当金49年分であったことから決断しました。

相場に「突発事件では売るな」と言うのもありますので、事件後にさらなる株価上昇となるかもしれませんが…。

購入は2016年9月30日で、当時は700円でした。
売却時の株価は2,721円でしたので、テンバガーとはいかないまでもヨンバガー株となっていました。
当時の配当利回りは4.2%で、売却時の実質利回りは6%とお宝銘柄でした。

ネットワンシステムズについて

ネットワンシステムズは、三菱商事とアンガマン・バスとの合併によりできた国内最大手のネットワークインテグレーターとなります。ネットワーク構築での実績のある会社です。

最近のクラウドやIoTの流れを受け、好調な業績も相まって株価は急上昇しています。
この上昇トレンドが続くかどうかは、先述のとおり今回の事件の結果次第だと思います。

これから取引するには、配当利回りが1.53%(2019.12.20時点)と低いことから、インカムゲイン向けではありません。キャピタルゲイン目的での短期売買をメインにする銘柄となってしまっています。

ネットワンシステムズの株価:2014年〜2019年(出典:Yahoo! Finance.com)

【今後の投資方針】

売却したので、今後の投資方針は売却で調達できた現金をどこに振り向けるのかということになります。
配当利回り4%以上の国内銘柄にするか、米国株ETFや米国個別株にするか、年末ラリーの中で色々と物色してみたいと思います。

多額の利益を稼がせて頂いたネットワンシステムズには感謝です。

ホームページ:ネットワンシステムズ

国内株カテゴリの最新記事