【株取引報告(国内株)】日特建設(1929)を追加購入

【株取引報告(国内株)】日特建設(1929)を追加購入

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
今までは「取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。」と書いていましたが、振り返るとそれなりに取引していましたので、取引単位で書くこととしました。

【取引内容】

今回は建設セクターの日特建設を追加購入しました。

日特建設は基礎、地盤改良や法面といった土木工事の中でも特殊な土木工事に特化した会社です。
防災関連銘柄となるので、今回の台風19号の大規模災害を受けて株価は大きく上昇しました。

日特建設は建設セクター銘柄の中でも、配当が4.66%(2019.10.17時点)と高配当銘柄です。
私が最初に買った2017年は17円の配当金でしたが、増配が続いています。
増配が続いていると財務が気になるところですが、自己資本比率は50%以上あり、EPSを見ても悪くない感じです。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


参考:日特建設(IR情報より)

今回の取引で合計500株となりました。
平均単価は597円から635円へと増えましたが増配が続いているおかげで、5%台の配当を維持できています。

【今後の投資方針】

日特建設については、増配ペースが少々気になるところではありますが、高配当銘柄であることと防災関連の土木工事を得意とする社会に必要な事業内容であることから引き続き保有し続ける方針です。

一定の需要はありますが、他の業界と同じく建設業界も人材不足であることから利益の急な増加は見込みづらいのではないかと考えています。
増益予想が市場予想に届かないといった材料で売り込まれる局面が訪れるのではないかと考えていますので、その際は追加購入して株式数を増やしていく予定です。

ホームページ:日特建設

国内株カテゴリの最新記事