【株取引報告(国内株)】2019年1月第2週

【株取引報告(国内株)】2019年1月第2週

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。

【取引内容】

2019年は円高が進行し株価が下振れするかと思いきや、FRBの利上げ政策が一時停止の発表を受けたダウの上昇と同じく日経平均株価も20,000円台へ戻りましたね。

急落の反動に過ぎないので、これから一段高とはいかないと考えています。
そう言っておきながら今年初めとなる株取引となります。

・1月11日の取引
1月11日の取引はERIホールディングス(6083)を購入しました。

ERIホールディングスは、建物の確認検査を手がける会社で国内シェアは首位となっています。
不動産市況の影響を受けますが、建物の建築確認検査は新規物件や中古物件を含め、需要はあるので事業内容としては良いのではないかと考えています。

2019年5月期の2Q決算で営業利益が68.2%増となったものの計画未達を理由に急落していたので、購入しました。
2016年に赤字決算を出した時と同じ水準の株価となっており、計画未達とは言え売り込まれ過ぎなのではと思っています。ただ、株式市況によっては過去の株価水準とは関係なく動くのでリスクはありますが…。

ERIホールディングスの株価推移:期間2015.1〜2019.1(出典:Yahoo finance.com)

ERIホールディングスは、2017年6月8日と10月2日に100株づつ購入していましたので、今回の株取引で保有株数は300株となりました。

平均取得単価は829円となりますので、現時点で-30,300円の含み損を抱えています。

・取引詳細(1月11日)
  • ERIホールディングス
    (建造物の確認検査を手がける会社)

【損益まとめ】

売買銘柄約定株数取得額売却額損益
買いERIホールディングス10073,000円

※売買手数料は含めていません

今年最初の取引は、含み損を抱えている株のナンピンとなりました。
もっと多くの含み損を抱えている保有株もありますが…。

日経平均株価が20,000円台を回復していますが、焦って買うことないように気をつけたいと思います。

国内株カテゴリの最新記事