【株取引報告(国内株)】2018年10月第5週

【株取引報告(国内株)】2018年10月第5週

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。

【取引内容】

先週は2ヶ月ぶりの株取引と書いて置きながら、先週に引き続き今週も株取引をしました。
2ヶ月ぶりならぬ2日ぶりです。
今回は、10月30日に株取引をしました。

・10月30日の取引
10月30日の取引は共立印刷(7838)を全株損切りしました。
2018年10月24日に業績予想と配当修正の発表があり、営業利益が通期予想24億円から15.9億円(-33.8%)、当期純利益は15億円から8.6億円(-42.7%)へと減額予想となりました。
また、配当金も13円から8円へと減配予想となりました。
雑誌市場の低迷や折り込みチラシ等の商業印刷の売上高及び受注量の減少が要因となっています。

この発表に伴い株価は319円(2018年10月24日終値)から269円(2018年10月25日終値)へ急落しました。

共立印刷の株価推移:期間2013.11〜2018.10(出典:Yahoo finance.com)

2016年11月1日に303円で購入した際は配当利回りが4.2%ありましたが、今回の減配予想で2.64%となります。インカムゲイン目的としては保有し続ける魅力がなくなったことと、業績回復は厳しそうであることから全株処分することとしました。

・取引詳細(10月30日)
  • 共立印刷
    (出版や商業印刷を手掛ける総合印刷会社)

【損益まとめ】

売買銘柄約定株数取得額売却額損益
売り共立印刷200303円256円-9,400円
※売買手数料は含めていません

今回は銘柄分析が出来ていなかったことが露呈しました。高配当に魅せられてしまいました。諺の「急いては事を仕損ずる」の通りインカムゲインのポジションも急かずに組んで行く必要がありますね。既にある程度、組んでしまっていますが・・・。
また、先週、処分を様子見すると書いていた菊水化学工業も売り注文してました。迷いが出てますね。

国内株カテゴリの最新記事