スターツプロシード投資法人【8979】

スターツプロシード投資法人【8979】

この投稿では、投資生活の中で保有している(保有していた)銘柄についての紹介と何故購入したのかを振り返りたいと思います。

【どんな会社】

スターツプロシード投資法人は、ピタットハウスのCMで有名な住宅特化型のJ-REITです。スターツの看板が付いた物件は、街中でよく見かける方もいらっしゃるかと思います。私も昔、賃貸物件を探している時にスターツの物件を何軒か見て回ったことがあります。

第25期の資産運用報告書では物件数は106物件(5,208戸)となっています。物件の所在地は関東圏で70%以上を占めており、都心への人口流入の流れも相まってか稼働率は95%以上となっています。配当利回りは5.34%(投稿時点2018年11月4日)と高配当であることからか、個人の割合が42%と高いのが特徴的です(下図)。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


※2017年7月31日現在(参考:スターツプロシード投資法人ホームページIR情報)

【営業収益および営業利益推移】

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


※参考:スターツプロシード投資法人ホームページ(IR情報)
スターツプロシード投資法人の過去5年間の営業収益と当期純利益の推移です。物件の譲渡及び新規取得が功を奏しており堅調に推移しています。前述の通り、物件の70%が首都圏に集中している点が、首都圏への人口流入と相まってプラスに作用しているものと考えられます。
今後も、安定した推移が期待できると思います。

【配当金推移】

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


※参考:スターツプロシード投資法人ホームページ(IR情報)
スターツプロシード投資法人の過去5年間の配当金推移です。右肩上がりで順調に推移しています。
中長期のインカムゲイン目的としては、この様な安定的な推移はとても重要ですね。

【株価推移】

スターツプロシード投資法人の株価推移:期間2013.10〜2018.10(出典:Yahoo finance.com)

スターツプロシード投資法人の過去5年間の株価推移です。
2015年の最高値から下落基調が2017年まで続きましたが、直近では徐々に回復しつつあります。
最近の株式市場の乱高下の影響をあまり受けていないJ-REIT市場に注目が入ると、株価も上昇していくかもしれません。
私は、REITはキャピタルゲインよりインカムゲイン目的の銘柄と思っていますので、株価上昇はおまけ程度に考えています。

【購入した経緯】

スターツプロシード投資法人を自身のポートフォリオに組み込むことにした経緯は、ズバリ配当利回りとなります。5%台の利回りは国内株ではほとんど見かけることはありませんので、安定的に5%の配当利回りを享受できるのは魅力があります。また、住宅特化型のJ-REITは不景気になっても賃貸収入と言う収益源があるので、安定的に資産運用できるものではないかと考えています。

投稿時点でも保有しており、先日の株取引報告でも記載した通り追加購入しました。口数は増やしつつ中長期で保有していく考えです。

スターツプロシード投資法人HP

国内株カテゴリの最新記事