【WealthNavi】 半年振りの資産推移報告

【WealthNavi】 半年振りの資産推移報告

WealthNaviの資産推移報告です。
毎月投稿しようと意気込んでいましたが、前回の投稿が5月でしたので半年振りの資産推移報告となってしまいました。
WealthNaviは長期積立投資が基本なので日々の資産価格に一喜一憂しても意味がないという考えが、半年振りの投稿となってしまったと反省です。投稿ペースは再考の必要がありますね。

半年間の推移

この半年間の株式市場は引き続き米中貿易戦争の影響で株価も乱高下する相場でしたが、直近ではダウが28,000ドルを超えるなど、リスクオンの流れとなっています。

WealthNaviがポートフォリオとして扱っている各銘柄の推移を見てみると下図のチャートのとおり、GLDとAGG、IYRがVTIとVEA、VWOの下げをカバーしていることが分かります。
分散投資効果の面目躍如といった感じですね。

出典:Yahoo! Financeより

運用状況

私のWealthNaviでの運用は米国株が一番多めとなるポートフォリオを選択しています。

・運用方針
リスク許容度:4
入金ペース:月々3万円
※初回に30万円投入しています。

リスク許容度については過去の投稿記事「【WealthNavi】リスク許容度の最適解」の通り、2018年8月16日にリスク許容度を「5」から「4」へ変更しています。

・運用成績
現在までの運用成績は円ベースで+5.36%、ドルベースで+7.30%とプラスとなっています。
含み益も5万円程とまずまずと言った感じです。

こちらは、2019年11月16日時点のポートフォリオとなります。
この半年間で大きく変わったのは、ずっとマイナス圏にいたVEAがプラスに転換している点です。
毎月「なんでVEAを多く買うんだ!」とやきもきしてましたが、マイナス局面でも毎月購入することによって得られる資産効果が出てきたのを目の当たりにすると、この愚直感がロボアドのなせる技なのかと改めて思います。

ポートフォリオの状況(円建て)

ポートフォリオの状況(ドル建て)

インデックス投資は過去の経験則上、中長期ではプラスにアウトパフォームしてきていますので、引き続きリスク許容度4を最適解とした自分の考えを信じて投資を続けていきたいと思います。

以上、運用報告でした。

ロボアドカテゴリの最新記事