iShares US Preferred Stock ETF【PFF】

iShares US Preferred Stock ETF【PFF】

この投稿では、投資生活の中で保有している(保有していた)銘柄についての紹介と何故購入したのかを振り返りたいと思います。

【どんな銘柄】

iShares US Preferred Stock ETF(iShares米国優先株式ETF)は、世界最大の資産運用会社であるブラックロック社のETFの一つで、米国の優先株で構成されるS&P米国優先株式インデックスの値動きに連動した金融商品です。300銘柄で構成され、2018年10月1日時点の運用資産額は約1兆8512億円となります。

優先株とは?
優先株とは株式投資を始めたばかりの方には、聞き馴染みのない言葉ではないかと思います。優先株は、議決権に制限がある一方で、配当や会社清算時の残余財産を優先的に受ける権利等がある株式となっており、一般的に普通株よりも配当が高くなっているところが特徴となります。
国内株式では見かけることがほとんどありませんが、伊藤園の第一種優先株式(25935)は株ブログ等でよく取り上げられています。このPFFも米国株のブログでは良く取り上げられている銘柄です。

[価格および配当推移]

PFFの株価推移:期間2007年〜2018年(出典:Yahoo Finance.com)

PFFの価格推移は、リーマンショック時は19ドル台まで下げましたが、それを除けば概ね30ドル半ばで推移しています。全般的に安定した推移ですが、構成株に金融株が多く含まれているので、金融危機の際はリーマンショック時の様に大きく価格が下がる事は理解しておく必要があります。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


※ブラックロック・ジャパン社の分配金履歴のデータを基に作成

PFFの配当推移は、年度末の12月に配当金が増えることが時々ありますが、概ね1口当り0.2ドルの配当金が毎月分配されています。また、投稿時点(2018年10月3日)の配当利回りは5.57%と高配当となっています。前述のとおり、金融危機の影響は受けやすいですが、それを除けば価格推移は安定的であること、高配当の分配金が毎月分配されることから、インカムゲインを重視する方にはオススメできる銘柄ではないかと思います。

【振り返り】

PFFを購入した経緯は、米国株に興味があり株ブログを色々と読ませて頂いている中で、価格が安定的で高配当であることから債券的な運用として使えそうで、長期保有には良いと判断して購入しました。米国株投資は最近始めたばかりで、ちょうどNISA口座を開設した時期でもあったことから、勉強を兼ねてNISA口座で購入しています。
NISA口座は、購入時の手数料が実質無料(円貨キャッシュバック)となるマネックス証券で開設していたのも始めようと思ったきっかけの一つとなります。NISA口座の場合、米国で10%課税されますが国内が非課税なので高配当の恩恵を最大限に活かすことができるのでオススメです(ADRなら米国の課税もゼロにできます)。
現在も保有し続けており、投資資金が貯まったタイミングで買い増しを続けています。

ブラックロック・ジャパン社(PFFのサイト)

外国株カテゴリの最新記事