【株取引報告(国内株)】2019年8月5日〜8月9日

【株取引報告(国内株)】2019年8月5日〜8月9日

この投稿では、株取引の報告をしたいと思います。
取引回数自体が少ないので、週単位での報告となります。

【取引内容】

先週に引き続き国内株の取引を行いました。
今回は、先週売却して作った資金の再投入と配当利回りの低い銘柄の処分となります。

・8月6日の取引
8月6日の取引は菊水電子工業(6912)の売却とGCA(2174)の購入となります。

・取引詳細

菊水電子工業は電子計測器を取り扱っているメーカーで、耐電圧試験器等の電源周りでは高いシェアを持っている会社です。有利子負債ゼロで自己資本比率も80%と優良財務体質の会社でもあることから、保有していましたが、配当利回りが2.88%と3%と切る水準でしたので処分することとしました。2018年1月頃には1,400円を超える株価水準へと急騰していましたが、今年に入ってからは800円台と元に戻った株価水準となっています。
アベノミクス初期では600円台でしたので、これからの不況で600円台になった際は再購入しても良いかなと思っています。

GCAはM&Aのコンサル会社で、過去にワールドのMBOや、阪急と阪神の経営統合等にアドバイザーとして関わっています。大型・小型に関わらずM&A需要は今後も伸びるだろうと思い保有しています。配当下限を35円としていて、配当利回りも4.97%と高配当であることも保有の理由です。
今回は、含み損を抱え続けていたのでナンピンとなります。直近決算は悪くはなかったので暴落はしないだろうと考えています。

・8月7日の取引
8月7日の取引はエックスネット(4762)を売却しました。

・取引詳細

エックスネットは生損保や銀行といった金融向けのシステム開発を手掛けている会社で、現在はNTTデータの子会社となっています。この会社は配当利回りは3%前後と高くはありませんが、有利子負債ゼロ、自己資本比率85%と優良財務体質であることから保有していました。
今回売却した理由は、高配当銘柄へスイッチしたかったのと、今後の銀行経営状況等を鑑みるとシステム開発需要はそれほど増えないのではないかと判断したことによるものです。

【損益まとめ】

売買銘柄約定株数取得額売却額損益
買い丸紅10067,200円
売り菊水電子工業10071,900円78,000円6,100円
買いGCA10068,000円
売りエックスネット10090,200円92,000円1,800円

※売買手数料は含めていません

先週に引き続き国内株の売買が続いていますが、これは昨年末に投稿した「2018年の投資生活振り返り」で書いた年間受領配当金総額90万円を達成するためです。
良い意味で、今回の株価下落はタイミングが良かったかなと思います。
売却して得た資金や昨夜のニュースで手放すこととした(タイミングは最悪ですが)銘柄などがありますので、引き続き売買を繰り返していくことになりそうです。

国内株カテゴリの最新記事