カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人【9284】

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人【9284】

この投稿では、投資生活の中で保有している(保有していた)銘柄についての紹介と何故購入したのかを振り返りたいと思います。

【どんな会社】

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は、太陽光発電事業の大手であるカナディアン・ソーラー・グループがスポンサーとなっているインフラ系リートとなります。

2017年10月30日に上場したばかりですが、既に18物件の太陽光発電所を保有しています。
物件の半数にあたる9物件が九州エリアにあります。

九州電力の出力制御の影響を受けやすいポートフォリオ構成となっています。

<物件>
九州エリア
・CS志布志市発電所(鹿児島県志布志市)
・CS伊佐市発電所(鹿児島県伊佐市)
・CS伊佐市第二発電所(鹿児島県伊佐市)
・CS湧水町発電所(鹿児島県姶良郡)
・CS伊佐市第三発電所(鹿児島県伊佐市)
・CS日出町発電所(大分県速見郡)
・CS芦北町発電所(熊本県葦北郡)
・CS益城町発電所(熊本県上益城郡)
・CS南島原市発電所(長崎県南島原市)
中国エリア
・CS津山市発電所(岡山県津山市)
・CS大山町発電所(鳥取県西伯郡)
中部エリア
・CS函南町発電所(静岡県田方郡)
・CS恵那市発電所(岐阜県恵那市)
・CS高山市発電所(岐阜県高山市)
関東エリア
・CS笠間市発電所(茨城県笠間市)
・CS笠間市第二発電所(茨城県笠間市)
・CS皆野町発電所(埼玉県秩父郡)
東北エリア
・CS郡山市発電所(福島県郡山市)

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


参考:カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(IR情報)

 

九州電力の出力制御の影響

半数近くが九州エリアにあるだけに、下表のとおり影響を受けています。
この九州電力の出力制御による第3期のポートフォリオ全体への影響は現時点で0.20%となっています。

〈出力制御を受けた日と場所〉

日時場所
2018/10/14CS日出町発電所
2018/10/20CS益城町発電所
CS日出町発電所
2018/10/21CS伊佐市発電所
CS伊佐市第二発電所
CS湧水町発電所
CS伊佐市第三発電所
CS芦北町発電所
CS南島原市発電所
2018/11/3CS志布志市発電所
2018/11/4CS志布志市発電所
CS日出町発電所
CS益城町発電所
2018/11/11CS伊佐市第二発電所
CS湧水町発電所
CS伊佐市第三発電所

【営業収益および営業利益推移】

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


参考:カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(IR情報)
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の営業収益と当期純利益の推移です。

まだ2期しか経過していませんので、業績については評価することができません。
九州電力の出力制御の影響が、3期目の決算でどの様に作用してくるかを注視する必要がありますね。

【配当金推移】

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


参考:カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(IR情報)
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の配当金推移です。

こちらもまだ2期しか経過していませんので、判断ができかねる状況ですが、2期目は2,350円の配当金が出ています。2期目の決算短信によると3期〜5期の予想配当金は3,600円となっています。
配当利回りは2018年11月21日時点で7.46%と高配当となっています。

【株価推移】

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の価格推移(出典:Yahoo finance.com)

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の価格推移です。

まだ2期目なのでトレンドは分かりませんが、直近では価格を切り下げてきています。
上図は日足となるので急落っぽく見えますが、8月からのチャート(下図)で見ると徐々に価格が下がっているのが分かると思います。
過去の投稿(株取引報告)でも記載しましたが、九州電力の出力制御と経産省の買取価格の減額ニュースが価格下落の原因ではないかと思っています。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の価格推移(2018.8〜2018.11)(出典:Yahoo finance.com)

【購入した経緯】

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人を購入した経緯は、インカムゲイン増額を目的として高配当である太陽光発電関連のリートをポートフォリオに組み入れることとし、物色する中で見つけました。物色と言っても数える程しかありませんが・・・。

購入した時は、太陽光発電は固定買取制度によって長期間の収益が固定化できているので、天災リスク以外は大丈夫だろうと考えていましたが、九州電力の出力制御は予想できませんでした。
IRを見る限りでは、大きなインパクトは出ていない感じですが気になるところです。

私は中長期保有できると考えていますが、天災リスクではなく政策リスクをどの様に捉えるかで、このリートの魅力は変わってくると思います。

投稿時点で1口保有しています。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人 ホームページ

国内株カテゴリの最新記事